<font>今日は6月17日で、金店の金価格は引き続き上昇し、最大上昇幅は5元/グラムで、520元/グラムの関門からまた一歩近づいた。現在、金価格が1位の金店は依然として土曜日の福で、オファーは519元/グラムで、上昇幅は2元/グラムだった。金価格の最下位の金店は料理百と中国金で、510元/グラムのオファーを出した。今日の金価格の高低差は9元/グラムで、価格差が大きい。

具体的な各ブランドの金店の最新価格は次の表を参照してください:

金価格の話をしてから、プラチナ価格の話をして、周大福に続けて、今日の金価格は上昇して、プラチナ価格は上昇しないで下落しないで、昨日と一致して、362元/グラムオファーします。他の金店のプラチナ価格はしばらく詳しく報告していませんが、もしみんなが各金店のプラチナ価格の歓迎のメッセージを知りたいなら、金さんはメッセージを見て、後続はみんなに整理を追加します。

金価格は大幅に上昇し、金回収価格も上昇し、上昇幅は2元/グラムだった。同時に、ブランドごとに回収価格も異なり、小金はいくつかの大まかに整理されており、詳細は以下の表を参照して、データは参考に供する:

img class=”alignone size-full wp-image-1538″src=”https://www.vssv.top/wp-content/uploads/2022/06/1016-41f62c5fff1046962d3a3b4b1dfb4052.jpg「width=”640″height=”462″/>

実物金価格の話を終えて、国際金価格の状況についてお話しします。

今週は現物金の変動が大きく、最近の区間の底を割り込み、1800ドル前後でやや回復し、上下の高低差は70ドルあった。昨日は現物金が先に下落して上昇し、1816ドルを下げてから夜に大幅に上昇し、最高は1860関門に迫り、最終的に1856.92ドル/オンスを収めた。今日は現物金が反落し、原稿を締め切り、金価格は1850.01ドル/オンスを一時報告し、下落幅は0.37%だった。

現在、ドルの強さは依然として金価格の大きな抵抗であり、危険回避環境下でも金はあまり恩恵を受けておらず、金価格が本当に寵愛されるとは考えにくい。

font>

<font>金価格の後市について、DailyFX為替ストラテジストのIlya Spivak氏は、状況は本格的に好転せず、金価格は1800ドルと1880-1890ドルの区間で方向を探しており、金は実際の金利の明確な導きが必要だと述べた。

font>

一方、FXStreetチーフアナリストのValeria Bednarik氏は、金の短期的な見通しは強気で、1875.00ドル/オンスに進む可能性があるとみている。

font>

総じて言えば、現物金はいくら何があっても新型コロナウイルスが流行する前の水準に戻ることはなく、国内の金店金もこれまでの低金価格に戻ることは難しいが、今晩はパウエルFRB議長が演説を行い、金価格に一定の影響を与えることになるので、注目してみてはいかがだろうか。

font>

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。