有毒なものは私たちの地球の自然界に広く存在しており、動物、植物、鉱物などにかかわらず毒素が存在しており、一部の毒性は地球を冠絶していると言える。では、世界で最も毒のある物質は何か知っていますか。ヒ素でも百草枯れでもなく、たった1グラムの量で全人類を毒殺することができる。

今日は、世界で最も毒のある6つの物質を棚卸して、いくつか知っているか見てみましょう。

font>

NO.1ルテニウム

img class=”alignnone size-full wp-image-1528″src=”https://www.vssv.top/wp-content/uploads/2022/06/84ae-4a7e14bfddde858a7e92fde9a79bcbe1.jpg「width=”640″height=”731″/>

世界で最も強力な毒薬は何ですか。化学の知識を少しでも知っていれば、必ず「毒薬の王」と呼ばれるに違いありません。のシアン化カリウムは、成人の壮漢を殺し、0.1グラムのシアン化カリウムしか必要としないが、実際にはシアン化カリウムの2.5億倍の毒性を持つ物質もある。

これはルテニウムであり、これまでに発見された最も毒性があり、最も希少な元素である。キュリー夫人と夫によって1898年に発見され、主に人工合成によって取得され、地殻中に約100兆分の1の含有量がある。

<font>ルテニウム−210は極めて毒性のある放射性核種であり、それが放出するα粒子の空気中での射程は短く、紙や皮膚を貫通することはできないが、人の体外での照射は危険ではない。しかし、そのイオン化能力は非常に強く、吸入、誤飲、皮膚接触を通じて人体内に入ると、体内汚染、中毒、急性放射病を引き起こすことができる。塩1粒分の大きさのルテニウム-210は70キロの体重の人を死亡させることができ、0.1グラムのルテニウムは1000億人を毒殺することができ、誇張されている。

  

ルテニウム-210は毒性が類を見ないだけでなく、ウラン鉱山にしか存在しないため、精製技術は極めて複雑で、1グラムで数億ドルの価値があり、核大国であっても1年に数百グラムという猛毒の放射性物質を精製することはできない。目的のトリウム中毒事件はパレスチナのアラファト元指導者の死である。1994年のノーベル平和賞受賞者で、何度か奇跡的にテロを避けたが、怪死の運命は避けられなかった。彼がこの世を去った8年後、生前の遺物から大量のトリウムが検出され、人体の致命量の20倍以上になった。これで明らかになるはずだった死因は、ルテニウム-210の特性でさらに混乱していた。半減期が短いため、約2.5年後に放射性はほぼ消失した。

だから、アラファトが亡くなって8年経ってもこのように高いルテニウムの量があれば、生前に原子炉全体を食べたのと同じだと推測されている。

font>

アラファトの本当の死因は依然として棺を覆うことができないにもかかわらず、このことは彼の遺品の中のガドリニウム-210を波風の先に押し上げた。

font>

これ以外にも歴史的にセンセーショナルな元ロシア工作員リトビネンコ事件は典型的なルテニウム−210中毒事件である。2006年11月1日に23日夜に死亡した。英国衛生防衛局は24日、リトビネンコ科の尿から放射性元素のルテニウム−210が検出されたと発表した。font>

警察の捜査の後、彼らが通っていたホテル、レストラン、飛行機など40カ所でごく少量のルテニウム-210の痕跡が検出された。

font>

これもこれまでに英国の民間建築物の中で最も深刻な核汚染事件である。リトヴィレンコが毒殺されたことが確定しても、事件は懸案のままだ。

NO.2プルトニウム

プルトニウムは、原子力工業の重要な原料であり、放射性元素であり、核燃料と核兵器の分裂剤とすることができ、プルトニウムの毒性はヒ素より4.68億倍大きく、マチン塩基の毒性より3.2億倍大きく、アスピリンサイズのプルトニウム元素は2億人を毒殺するのに十分であり、プルトニウム元素1グラムで12億人を毒殺することができる。主要な任務の一つとして挙げられ、マンハッタン計画は後に最初の原子爆弾の開発に成功した。

1945年7月の第1回核実験「三一原子爆弾」と、長崎市に投下された第2回「デブ原子爆弾」は、いずれもプルトニウムを使用して核部分を作製した。プルトニウム元素に関する人体放射線実験の研究は被験者の同意を得ずに行われ、第二次大戦中と戦後には何度も核実験に関する事故があり、その中には死傷者も出た。原子力発電所の核廃棄物の除去や、冷戦中に作られた核兵器建設の核削減後の廃用は、今後の核兵器拡散や環境などの問題を伸ばしている。非陸上核実験でも残存する原子塵は放出され、現在は「一部核実験禁止条約」によって明示的に禁止されている。

NO.3ボツリヌス毒素

ボツリヌス毒素は、世界で最も毒性の高い物質の1つであり、私たちの生活の中で簡単に出会うことができます。生の豚肉にはボツリヌス毒素が含まれているものもあり、ボツリヌス毒素の7千万分の1グラム当たり大人を殺すことができます。またハチミツにもボツリヌス菌が含まれており、大人の消化器系は分解することができますが、赤ちゃんはダメなので、6ヶ月以内のはハチミツを飲んではいけません。それが初めて発見されたのは18世紀後半のドイツで、ソーセージの不正確な製造による食中毒(ラテン語、ボツリヌス中毒)だった。いくつかの種類のボツリヌス毒素があり、その中でA型が最も毒性が強い。これらのポリペプチドは、1000個以上のアミノ酸分子が結合していることを含む。彼らは信号分子(神経伝達物質)アセチルコリンの放出を阻止することで筋肉麻痺を引き起こす。

  

この同じ麻痺属性は、化粧品ボツリヌス菌ボツリヌス毒素に対する臨床使用の根本である。ごく少量の標的注射は特定の筋肉が働かなくなり、筋肉を緩めるとしわが消えることがある。しかし、臨床使用時には規範化されるべきであり、制限をかけなければ、筋肉が麻痺し、クロスアイ(斜視)に至ることもある。

NO.4炭疽

炭疽ウイルスは極めて恐ろしい生物兵器であり、炭疽病を引き起こす原因であり、炭疽熱の元凶とも呼ばれ、高い強度の伝染性があるだけでなく、大面積のヒト細胞が死亡し、最後に呼吸困難、脾臓腫大などの症状が現れ、第二次世界大戦中、一部の国はこの恐ろしいウイルスを兵器として利用しようとした。「炭疽ウイルス」を用いた人体実験を行っている国では、130キロの炭疽ウイルスを用いて中国東北で生体実験を行っているが、大人も子供も見逃さず、多くの試験者が悲鳴を上げ、虫の息で、死体が山積みになっており、埋設に手間がかかるのを嫌って、直接火をつけている。天にも地にも落ち、惨憺たることと言える。

炭疽ウイルスは生物兵器の中の「巨悪」と呼ばれ、国際条約は使用と研究開発を絶対に禁止することを明示している。約10リットルの炭疽ウイルスがニューヨーク上空に散布されれば、3日後には25万人の死体があり、その凄さを知ることになるだろう。

NO.5サリン毒ガス

img class=”alignnone size-full wp-image-1534″src=”https://www.vssv.top/wp-content/uploads/2022/06/2415-80903e29ae734b5daeeb5f4841a651bf.jpg” width=”640″ height=”427」/>

サリン毒ガス。これは無色でおいしい神経毒ガスで、サリン毒ガスはほとんどの毒ガスとは味が異なり、果物味であり、生物兵器として使われてきた。

人体中毒になると麻痺、瞳孔収縮、胃腸管痛などの反応が起こり、最後に激痛で死んでしまう。この猛毒は小さな計量で数千万人が死亡する。

私たちの所よく知られているのが東京サリン事件だ。1995年3月20日、忙しい東京メトロの駅では、人々が次々とホームで列車を待ち、忙しい仕事を始める準備をしていた。朝7時50分、駅の中には鼻をつくようなにおいがした乗客がいたが、その後、多くの乗客が倒れ、意識不明になったり死亡したりした。

日本の警察の捜査によりますと、乗客らはサリンにかかっていて、今回の事件で13人が死亡し、5510人以上がけがをしたということで、世界を驚かせた東京メトロのサリン事件です。

font>

このテロを起こしたのは、「オウム真理教」というカルト組織だった。カルト的なオウム真理教の教祖麻原彰晃は、オウム真理教を創設した当初から大々的に宣伝しており、1990年代末には「世界の終わり」が訪れ、「世界を救う」ことが唯一のオウム真理教を期待していた。

NO.6 VXニューロン

img class=”alignnone size-full wp-image-1535″src=”https://www.vssv.top/wp-content/uploads/2022/06/7971-87da8cfcddc1de53661b9428f97dd0ee.jpg” width=”640″ height=”408」/>

VXニューロンは、合成化合物で、無色無味乾燥な油状の液体で、酸素に触れると、気体になる。主に液体で地面や物体を汚染し、空気や水源を通じて伝播することができ、最も危険なのはほとんど感知できないことだ。体の皮膚がそれに接触したり吸い込んだりすると中毒になり、さらに中枢神経系が乱れ、呼吸が停止し、最終的に死亡する。イラク戦争でVX神経毒素を使用したことがあり、1グラムで50000人以上を殺すことができた。

神経毒剤は冷戦中に交戦した双方によって開発されたが、VXが知られるようになったのはハリウッドの映画大作のためだ。1968年にスキュラの谷で予期せぬ毒殺を受けた羊の群れがいたが、VXに毒殺されたと知ったのはオウム真理教の元メンバーの一人だけだった。1キロ当たりのLD 50は3ミリグラムしかないという。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。