<font>今日は6月8日で、昨日急落した金店の金価格の上昇を経て、最大の上昇幅は5元/リットルだったが、鳳祥さんは下落し、4元下落し、520元/グラムの関門を下落した。そのため、各大金店の金価格は全麺的に520元/グラムを突破し、次のステップは500元を割り込むことを望んでいる。現在、金価格が1位の金店は土曜日の福で、上昇幅は3元/グラムで、オファーは517元/グラムです。金の価格が最も低い金店はまだ百で、508元/グラムのオファーがあります。今日の金価格の高低差は9元/グラムで、価格差が大きい。

具体的な各ブランドの金店の最新価格は次の表を参照してください。

img class=”alignnone size-full wp-image-1511″src=”https://www.vssv.top/wp-content/uploads/2022/06/24ea-8ae14645efe8428eedf341f74b848019.jpg” width=”640″ height=”639」/>

金の価格を言ってから、プラチナの価格を大まかに言って、周大福に続けて、今日の金の価格は上昇しましたが、プラチナの価格は昨日に続いて下落し、下落幅は2元/グラムで、オファーは383元/グラムです。他の金店のプラチナの価格はしばらく詳しく報告されていません。各金店のプラチナの価格や他の金の価格を知りたければ、コメントを歓迎します。金さんはメッセージを見て、後ほど整理します。

今日の金価格は微上昇を続け、金の回収価格は昨日と一緻しています。同時に、ブランドごとに回収価格も異なり、小金は大体いくつか整理されています。詳しくは下表を参照してください。データは参考までです:

img class=”alignnone size-full wp-image-1512″src=”https://www.vssv.top/wp-content/uploads/2022/06/e3bd-3a594383fbd44b36b3a7d1ebe0e1f6c4.jpg「width=”640″height=”462″/>

実物金価格の話が終わったら、国際金価格の状況についてお話しします。

昨日、現物金はジェットコースター相場を上演し、まず下落して上昇し、具体的には最低1838ドルに触れた後、未明に再び1850の上に上昇し、最終的に1852.17ドル/オンスに収まった。今日、現物金は下落し、原稿を提出するまで、現物金は1847.34ドル/オンスで、上昇幅は-0.27%だった。

現在、世界銀行は今年の世界成長予想を2.9%に引き下げ、「インフレ」を警告している。リスク、エレン米財務長官は、米国のインフレレベルは「受け入れられない」と述べ、高位を維持する恐れがあり、ロシアとロシアの衝突はまだ続いており、リドル金価格。しかし、米国の4月の貿易赤字の下落幅はここ9年半で最大か、第2四半期の成長に上昇をもたらし、米国株は科学技術株とエネルギーの上昇を受けて上昇し、利空金価にある。

金価格の後市について、英国貴金属研究会社Metal Focusのアナリストは、金の下り空間には限りがあり、今年の金価格の平均価格は1オンスあたり1830ドル前後で、記録的な平均価格になると予想しています。

font>

総じて言えば、金市場は今年下半期にいくつかの挑戦に直麺するが、やはり重要な避難資産に属し、短線で見ると、金価格は揺れの勢いを維持する傾向にあり、国内の金店の金価格は一時的に500元/グラム以下になりにくいため、注目してみてください。

font>

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。